2019クリスマス特別礼拝 ドラマ「愛あるところに神あり」

  • 2020.01.09 Thursday
  • 13:21

今回は、昨年12/22(日)に行われた、クリスマス特別礼拝

ドラマ「愛あるところに神あり」の様子を報告します。

 

2019年のクリスマスは、トルストイ原作の

「愛あるところに神あり」をドラマ化して、

後半には降誕劇を組み合わせました。

ドラマと共に聖歌隊の賛美という特別礼拝となりました。

 

オープニングはクリスマスカロルを賛美しました!

 

主人公の靴屋のマルチン 病気で奥さんと子供を亡くす

辛い過去を背負って、神様から背を向けていました。

 

そこに旧友のイワンが8年ぶりに訪ねて来ました。

イワンはマルチンに神様は決して見放したりしないと告げます。

 

イワンは「神様の言が生きる力を与える」と伝えます。

 

マルチンはもう一度聖書を読み始め、

「どうか私のところに来て下さい」と神に祈りました。

 

すると、不思議な声がしました!

「マルチン、マルチン 明日お前のところに行くから」と

 

翌朝マルチンは神様がいつ来るのかと待ちわびています。

そんな時に、家の前で雪かきをしているステファンを見つけます。

 

マルチンは、ステファンを家に迎え入れ、

温かいお茶とクッキーをご馳走するのでした。

 

しばらくすると、今度は家の前に貧しい身なりをして、

赤ん坊を抱いている女を見つけました。凍えそうな親子をみて

マルチンは声をかけ、家の中に招き入れました。

 

マルチンは、女にパンとシチューを与え、赤ん坊を包む、

毛糸を渡して、ショールを買い戻すお金を与えてやりました。

 

夕暮れ時になっても、神様はやって来ません。

すると家の外が騒がしいではありませんか。

りんごを盗んだ少年が逃げて来たのです。

 

マルチンは、りんごの代金を払ってやり、少年に盗むことを

やめて、働くことを教えました。

少年もりんご売りのおばさんに謝り、りんご売りを手伝うことに。

 

結局神様は来て下さらなかったと思っていたマルチンに

神様は、私は3度あなたのところに来たのだと!声をかけられました。

雪かきのステファン 貧しい身なりの女 りんごを盗んだ少年

すべて私だ!と神様は言われました。

『わたしの兄弟であるこれらの最も小さい者のひとりにしたのは、

 すなわち、わたしにしたのである。』

感動でひざまづくマルチン!神に感謝をささげました。

 

マルチンは久しぶりに教会に顔を出すようになったのです。

そこで、キリストの降誕劇を観ました。

 

降誕劇では、マリヤが天使ガブリエルから受胎告知を受けます

 

ヨセフとマリヤは宿を探して、ようやく馬小屋に泊まれることに

 

羊飼いたちに天使が救い主の誕生を告げます!

 

聖歌隊の「Re joice」救い主の誕生を喜ぶ歌!

 

救い主イエス様のところに東方の博士たちもやって来ました。

黄金・乳香・没薬をささげました。

 

皆が救い主の誕生をお祝いしました!これが初めのクリスマスです

 

小平先生からのクリスマスメッセージ!

 

多くの方がクリスマス礼拝に来られて、本当のクリスマスを

知って下さったと信じます!

 

すべての方にイエス様は訪れて下さいます!

 

全編はYoutubeでご覧頂けます

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM